東京都東久留米市の「グループ・中国だい好き」です。中国がだい好きな方々とのネットワーキングを大切にします。


by zuixihuan

61号-1~4p(2008年1月5日)

(会報には図なども入っていますが、このBlogでは省略している場合もありますのでご容赦ください。テキストはそのまま掲載しています)

61号-1(2008年1月5日)
「グループ中国だい好き」会報
『中国だい好き』 我们很喜欢中国!
Women hen xihuan zhongguo!


祝您
新春愉快,
身体健康
学习进步

明けましておめでとうございます

“新春の集い”へのお誘い
中国では旧暦でお正月を祝います。今年の春節(旧暦元旦)は2月7日(木)。私たちも新年会をかねて「新春の集い」を開きます。みんなで餃子をつくり、楽しくいただきます。ふるってご参加ください。
日時    1月27日(日)  午後1時30分より
場所    西部地域センター調理室(滝山)
定員    30人
会費    日本人 500円 外国人 無料
締切り   1月22日(火)
申し込み  川村(471-3960)


第2回 ふれあいフリーマーケットに参加                           川村 隆子

11月11日(日)、東久留米自動車教習所内で開かれた市社会福祉協議会主催の第2回ふれあいフリーマーケットに、私たちも初めて参加しました。

前日の10日(土)は雨、11日早朝も小雨でしたので、屋根のない会場でフリーマーケットが開催できるかどうか心配していました。皆様のご協力で食器、衣類、本、DVD、日用品等が多く集まりました。それらの品物は、山本さんのお宅を借りて値付けをしました。
b0098096_8455396.jpg
当日の朝8時30分、品物を東海林さんの車で会場に持ち込み、皆さんにも早くからお手伝いいただき、並べ終わったところで雨が降り、大慌てでビニールや傘をかぶせて降り止むのを待ちました。10時前から雨も止み、お客さんも次々と来て下さいました。

私たち(内田会長以下13名)はフリーマーケットへの参加は初めてでしたが、そのうち経験者が2、3名おり、また品物の値段も安く設定したので、15時の閉店前にはほとんどの品物を売ることができました。とても素晴らしい経験をすることができ、良い思い出になりました。合計18,700円は「中国だい好き」の一般会計に計上させていただきました。皆様の団結力には感謝、感謝です。

今後も続けていきたいと思いますので、会員の皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします


連載 中国で日本語を教えて 7
  回想の雲南―少数民族のいる風景 4
                            吉見 ハルカ

麗江(リージァン)再訪 
リージァン……響きもゆかしいここ納(ナ)西(シ)族のさとに、またやって来た。夏休みの四方街〔旧市街〕は、どこもかしこも観光客であふれていた。真新しくタイル舗装された通りにみやげ物屋が並び、入りくんだ石畳の路地を人がぞろぞろ歩いている。このさとのシンボル玉龍雪山はいつも薄雲に覆われ、ちっとも姿を見せてくれなかった。あのときはこんなではなかったのに、とつい振り返ってしまう自分がいた。

その前年(1993)の冬休み、当時重慶で仕事していた私は雲南への一人旅を試みた。列車の切符がなかなか買えずに大苦労するは、昆明に着いたとたん具合がわるくなって2日間寝込んでしまうは、とスタートは最悪だった。でも、めげずに夜行バスに揺られ、曙光のなかにさながら桃源郷のようなリージァンのまちを望んだとき、いっぺんに気分が晴れていった。

春節のこの時期、旅行者などめったになく、私はガラあきの賓館に泊まり足の向くまま歩きまわった。ふるびた家々が軒を連ね、すり減った石畳が迷路のようにくねり、堀割のきれいな流れに石橋がかかる四方街を、飽かず散策し何枚もスケッチした。スケッチしているとき偶然ことばを交わした納西族の若者が家によんでくれ、お昼をごちそうになるというラッキーな体験もあった。

風もなく穏やかな陽光に誘われて、まちはずれの丘陵の尾根道をのんびりと歩いたりもした。すばらしい眺めだった。眼下に灰褐色の甍が波うち、山麓まで緑の平地が広がる。それはしだいに赤褐色の大地へと変わり、青い山脈のむこうにひときわ高く、神々しく、玉龍雪山が全容を現した。瑠璃色の空に白雪の峰々がまばゆいばかりに輝く。たしかに、そこには神が宿り、大地に生きとし生けるものを永遠に見守っているように思われた……なんていうと、どうにもウソっぽい。あのとき、大パノラマを一人占めして私がどんな気持ちで立ち尽くしていたのか、今となっては偲ぶよすがもない。たぶん私の想念(おもい)は身のうちを脱けでて、無窮の天地を自由に飛び翔(かけ)っていたのでは……そう思いたい。

まちかどで日本語の貼り紙が目に入った。「いらっしゃいませ、薬膳料理あります」とあるドアを押すと、客はだれもなく主人がぽつねんとしている。奥から50代の気さくな感じのおばさんが出てきた。2人とも日本語は全然できない。筆談で知ったところでは、以前日本のTV局が撮影に来たときここを休憩所にし、以来日本人びいきらしい。  私が重慶から来たと言うと「エッ、ひとりで! 勇気があるのねえ。私も昔重慶に住んでいたことがあるのよ」と懐かしそうだった。そして体調をこわしているのを知って鶏のスープが回復によいと作ってくれた。おかげで元気回復、翌日も食事に通い、私はおばさん―胡妈妈(フーマーマ)と仲よしになった。
b0098096_849465.jpg
…・・・1年半ぶり、胡妈妈私を憶えているかしら、とTさんを伴い店に行った。が、扉は鎖され商売をしている気配はない。がっかりしていると近所の人が、あっちでやってるよと大通りのほうを指さした。レンガの壁に大きな窓を吹き抜けにしたカフェテリア風の店が、そこにあった。アーチ型の白い看板に赤ペンキで「Mama Fu’s」とあるのが目をひく。一輪挿のあるテーブルはほとんど欧米人で占められ、各国語がとびかっている。メニューは洋食中心でデザートも豊富だ。肉だんごのキノコソース(7元)というのとアップルパイ(4.5元)を注文してみる。コーヒーを飲んでいるところに、胡妈妈がにこやかに近づいた。髪もきれいにセットし若返ったようだ。

「あら、お友だちと来てくれたのね! そう、今雲南大で教えているの、すばらしいわ。またいらっしゃいよ、もうじき2号店をオープンするから。じゃ、ごゆっくりね」忙しそうに行ってしまった。まさに華麗なる大変身。胡妈妈の商才たるや、マーマーフー(フ)〔马马虎虎、いい加減、まあまあ〕どころかほんとうにたいしたものだ。料理はみんな、長期滞在の欧米人旅行者から伝授されたものとか。どおりで、あのリンゴまるごとのアップルパイ、絶品だったなあ。            (次号に続く)

(このBlogは一回当たりの情報アップ量が制限されているため、2分割してアップしています。5p~12pをお読みになりたい方はここをクリックしてください)
[PR]
by zuixihuan | 2008-01-28 06:37 | 会報 | Comments(0)