東京都東久留米市の「グループ・中国だい好き」です。中国がだい好きな方々とのネットワーキングを大切にします。


by zuixihuan

カテゴリ:雲南だより( 2 )

雲南便り4-(2)
怒江の旅

中国だい好きの皆さん:

ご無沙汰しています。

昆明は、ジャガランダの花が咲き、ブーゲンビリアンも花数を増やして初夏の陽気です。市場にはヤマモモ(杨梅)やライチ(荔枝)や葡萄が出始め果物は豊富です。
3月、4月は少し寒かったのですが、5月に入り急に暑くなってきました。
b0098096_8373668.jpg


労働節の休みを利用して、雲南師範大学日本語学科の先生をしている北海道出身の田保さん夫妻と、ビザなしで旅行に来た沖縄の新城さんと一緒に雲南省の北西部を流れる怒江の上流部に5泊6日の旅行をしてきました。
田保さんはまる7年、新城さんは通算4年昆明に住んでいますので雲南省の殆どの地域を旅行しています。私も北の香格里拉、丽江、大理、南西の西双版纳、元阳、東の罗平等主要な地域を旅行しましたが、北西部の国境付近は未だ行っていません。其処で意見が一致し、この旅を計画しました。

b0098096_8382868.jpg


 雲南省の北西部から四川省の北西部までの地域は、ヒマラヤ造山活動の時期にインドプレートとユーラシアプレートが衝突して形成された褶曲(しゅうきょく:ひずみによって皺をよせたように波型に曲がった)山脈が連なる高山地帯です。
雲南省北西部は西に高黎贡山山脈、間に怒山山脈、東に云岭山脈が走り、その100km程の間をチベット高原に源を発する、怒江(ミャンマーに入ってサルウイン川)澜沧江(ラオス、ベトナムを通るメコン川)と金沙江(長江)の三本の大河が300kmに亘って並行して流れる“三江并流”と呼ばれる地域があります。氷河と大河の水が両岸を険しく切り取り典型的なV字谷になっており、河の標高が1500m両側の山が更に1000mと急峻で、横断する道は有りません。
怒江一帯は怒江傈僳(リス)族自治区となっており、北にチベット、西はミャンマーに国境を接しているドン詰まりの地域で、リス族、怒族、白族、独龍族が暮らしています。
 昆明から三江并流の怒江中流域の“福貢県”まで長距離バスが有るので、バスを乗り継ぎ“貢山県”まで行き、其処に3泊して雲南省最北部の“丙中洛郷”と“独龍江郷”に行くこととしました。往復は寝台バスです。

 4月29日午後7時、昆明市西部客運駅から長距離夜行寝台バスに乗り出発です。

ベッドは3列で上下2段、35,6人乗りで、運転手は2人です。以前乗ったバスのベッドは板にシーツをかけてだけで痛くしかも暑かったのですが、今回はマットが敷いてあり、空調も効き快適でした。中国の長距離バスは到着時間があてになりません。福貢県に昼前に着くはずが、交通事故で1時間停まったり、武警の検問に時間がかかったり、3時間ほど運転手が寝たりで着いたのが午後3時です。乗合いバスに乗って貢山県に着いたのは午後7時で、所要時間24時間です。
 
三日目はタクシーをチャーターして“丙中洛郷”です。距離が有るのでチャーター料は400元で了解しました。丙中洛郷は貢山県の北42kmでチベットに接しています。道は舗装してありますが3時間かかります。
怒江沿いは大きく地形が変化し、1000mの谷底に川が流れ、奇景絶景が随所にあります。特に川幅が200mに狭まり両側に500m程直の絶壁が聳える“石門関”、川が360度湾曲する“怒江第一湾”、半島状の平地に畑が広がる“桃花島”なだらかな山の斜面に牧草地が広がり家の点在する“霧里”等の景観は素晴らしいものです。

b0098096_6515770.jpg


 丙中洛郷には怒族、リス族、白族が生活していますが、山岳地帯ですので耕作地率が2%程度で、しかも平均25度の傾斜地です。主な農作物は麦、トウモロコシと僅かな米で、黄牛、ヤギ、豚、鶏等を飼っています。現金収入は薬草、胡桃、茸、白酒等で1家の収入が年間4000元(2006年調査)程度の貧困の村です。
この村の特徴は寒冷な高山草原気候にも関わらず家屋が木造スレート葺であることと、村に天主教(カソリック)、基督教(プロテスタント)、喇嘛教(ラマ教)が平和に併存していることです。民族間の差別もなく、1家族で複数の宗教という場合もあります。社会的な問題としては、どの家庭でも酒を大量に造っており、良い酒は街に売りに行くこともあるようですが、朝から酒を飲んで事故や事件を起こしているようで、一番の問題になっています。次は教育問題で、義務教育とはいえ食費などで月300~400元程掛かるらしく、この負担が重いようです。

道を走っていると教会が見えましたので、村の中に入ってみました。怒族の“双拉村”でどの家も木造で1階が家畜小屋、2階が住居、3階が倉庫です。丁度作業をしている家族がいましたので覗いてみますと、牛糞を籠に乗せ、頭に担いで、300m程谷を下り、また300m程登った畑に運んでいました。この村の人は良く働います。教会は牧師さんが亡くなり閉鎖していましたが、祭壇には十字架とマリアさんのイコンがありました。

b0098096_8463292.jpg



他の怒族の“打拉村”にも行きましたが、村の集会場の様な処に30人程集まり、昼間から酒を飲んでいました。村によって違いが有るようです。
 
四日目は“独龍江郷”です。前日と同じ車をチャーターしました。独龍江はチベット高原に源を発する4本目の大河で、ミャンマーに入ってエーヤワティ川、イラワジ川となります。独龍江郷は西に高黎貢山、西にミャンマーの高山地帯に挟まれ孤絶した標高3200mの川沿いの村落で、中国最少の少数民族である独龍族が2000年前から住んでいます。今は吊り橋が沢山架かっていますが、以前は“溜索”と言われる1本の索道で馬も人も川を渡っていたようです。
古来近くの街である“貢山県”に出る為には4000m級の高黎貢山を峠越えするしかなく、更に10月から翌年の4月までの半年は雪で閉ざされ、孤立状態でした。それでも塩や茶等の必要な生活物資を確保するために、雪が解けると山の幸を人が背負うか馬に乗せて、年1回2日掛かりで里に出たようです。
1999年高黎貢山を峠越えする道幅3mの公道が開通し、雪が解ければ車でも行くことが出来るようになりました。それでも車で5時間、危険な峠越えは馬か徒歩で5時間、合計片道10時間掛かる僻地です。2014年4月に6kmの高黎貢山トンネルが貫通し、10月から一部開通しましたので、10km程道が短縮され、今では貢山県から4時間程で行くことができます。それでも、トンネル部分を除き90km程の道は九十九折りの連続です。
人口は7000人程で、父系氏族下の家族制度を守り、道に落ちているものを拾わない、家の戸締りはしない等助け合いと社会秩序を守る社会を維持しています。アミニズム信仰ですが、キリスト教やラマ教も入っているようです。

家は木造平屋の隙間だらけの校倉造りで、一間の真ん中に囲炉裏を設け、その周りに寝る暮らしです。耕作面積が少ないことから穀物の収穫量が少なく、採集や漁獲狩猟で補完する原始的な生活を送っていました。古来よりリス族などの略奪が有り、女性は10歳で口の周りに入れ墨をする習慣がありましたが、1967年に禁止され、現在は老婆だけに見られます。

b0098096_649292.jpg


 川が蛇行して流れる平坦な土地は、新築した8階建てほどの小ぶりなホテルが15棟ほど建ち、周辺部の傾斜地や対岸に町営住宅の様な家が建ち、更に離れた場所には粗末な木造平屋の家が建っています。村で出会ったお爺さんは快く家に入れてくれましたが、入れ墨をしたお婆さんはカメラを構えると拒否し、金を払うと言いますと100元よこせと言います。手持ちの小銭60元を払いましたが、不満な様でした。

b0098096_650917.jpg


他の少数民族の様に踊りや民族資料館等の施設もなく、初めて来る中国人はホテルに泊まって翌朝さっさと帰るようです。2006年の村人の平均月収は500元程でしたが、中央の資本が入り急激な開発が進められていますので、村としての経済活動は活発になっているようですが、雇用が伴っているようには見えません。西双板納の基諾族の村は観光客を受け入れる民族センターと余人を入り込ませない氏族だけの地域とを併せ持っていましたが、原始的な少数民族の現代化は時間をかける必要があると思いました。
 
道中の道は険しく、未だこんな生活をしている少数民族もいるのかと言う驚きもあり、貢山県に帰ってくると、タクシーの中で拍手をし、500元のチャーター料に100元チップを上乗せして払いました。中国の色々な地域を旅行しましたが、今回の様に山奥の村落まで入ったのは初めてで、大感激でした。

 5日目は、朝8時に貢山県を起ち、昆明の西部客運駅に着いたのは、翌朝7時でした。
以上

2015年5月8日
長尾圭介

[PR]
by zuixihuan | 2015-06-04 14:51 | 雲南だより | Comments(0)

雲南だより4−(1)

雲南だより4−(1)


中国だい好きの皆さん:


お元気ですか。

私は、また昆明に来て雲南大学の4度目の留学生をやっています。

3月3日に来たのですが、北京で乗り継ぎ便が大幅に遅れ、宿に着いたのは朝の4時半でした。一寸寝て両替や入学手続きをし、久しぶりに近所の日本人と「和民」で食事をしたのですが、そろそろ帰ろうと思っていたところ、蔵族(チベット族)のお客が仲間に入って来て遅くまで日本酒を飲み大騒ぎをしました。また、5日は元宵節で白族の寸さん家族や知人と一緒に白酒を飲みすぎ、最初の1週間はどうも調子が出ませんでした。中国は注がれた酒を飲み乾さなければならず、煙草を吸うときには周りに勧めなければならないので、つい飲みすぎ吸いすぎになります。


b0098096_11545070.jpg


しかも昆明は標高が高いので、少しの酒でも直ぐ酔い、少しの坂道でも息切れをしますが、3週目になりやっと慣れてきした。

昆明は乾季で、毎日雲一つ無い晴天が続き、気温は10度から26度です。外は暑いくらいですが、湿度が低いので日陰や部屋は寒く上着が必要です。来たとき丁度満開だった海棠や雲南桜は散り始め、名前も判らない花が次から次へと咲いています。


b0098096_11554460.jpg


 雲南大学の日本人留学生は、本科生1人語学生2人の3人です。以前は30人位いたのですが激減です。私のクラスは、ドイツ1人、ノルエー2人、タイ1人、ベトナム2人、ミャンマー2人、韓国3人で、バラエティーに富んでいますが、全体的に欧米系も少なくなっています。


 昆明で働いている日本人は、主に飲食店経営か農業関係か日本語の教師かですが、やはり少なくなっています。成都に比べて都市の経済発展が鈍いようで、不動産も新築物件が余り価格も少し下落しており、また市の補助金事業として勢いのあった大規模な有機農法企業も規模を縮小気味です。また、2、3年で家賃を値上げするので、日本料理屋も撤退や場所替えをするところもあります。

 宿舎の雲大賓館が面する文化巷という飲食店や服飾雑貨店が多い賑やかな路地も、間口の大きな店を2,3件に分割して、喫茶店や果物の生ジュース店に変え、一段と若者の通りに代わってきています。以前は珈琲店やスナック店は店数が少なく、主に外国人のたまり場でしたが、中国人の嗜好も変わり、一人っ子政策で中高生の小遣いも増え、様変わりして来ています。


 寸さん(昔日本で実業団マラソンの選手をやり、雲南大学の体育の助教授をしていた女性です)も、校内の図書館の1階と雲大賓館の2階と中庭の3か所に「陽光」という喫茶軽食店を経営していたのですが、今は2か所を閉め中庭のオープンカフェだけにしています。周辺に同じ様な店が沢山出来たことと接待禁止通達の影響が出ているようです。


b0098096_11562270.jpg


 中国では、中国人の身分証を使った様々な事務手続きが簡素化され便利になってきていますが、外国人に取ってはこのサービスが受けられないので逆に面倒くさくなっています。

 成都では、国営のチェンストアー「紅旗」が至る所にあり、其処にETCと同じように航空機、列車、長距離バスの乗車券自動発券機が設置してあり、身分証があれば誰でも買うことができますが、パスポートは使えず、外国人は駅などの発券所にいくしかありません。昆明では「紅旗」はあまり見かけませんので普及が遅れているようです。

 中国の携帯電話は、機器と通話契約(SIMカード)は別売りで、通話料は先にチャージする方式です。半年使わないと自動的に無効になりますので、昆明に来て早速買いに行きました。売る処は至るところに有るのですが、身分証が無いと買えません。外国人はどうするのかと聞くと、小西門という市の中心地にある移動通信の事務所に直接行けということです。

 行ってみますと、係員は手続きが面倒な上に高くつくので中国人の友達に頼めと進めてくれました。契約のパターンが30種類以上ある上に保証金も高いことを知っていましたので、友達に番号を貸してもらうことにしました。

宿の近くの馴染みの新聞販売ボックスでバスの路線冊子を買っていたら、女性が電話番号を買っています。パスポートでも売ってくれるかと聞きますと、売ると言います。但し、電話会社は聯動通信です。30元の保証金と100元の通話料で即購入です。販売員は、カメラとパソコンとIフォーンを使って即手続き完了です。知っていれば簡単だけと、知らないと余計な手間がかかることを痛感します。

 ビザの取り扱いも複雑になっています。以前は2週間のビザ無し渡航をし、現地で簡単にビザが取得できましたが、2013年7月から取扱いが変わり、中国に1か月以上滞在する場合には、入国前にビザを取得することが必要となりました。

今回は、事前にJW202(留学招聘書)を大学から送ってもらい日本の領事館でFビザ(半年の留学ビザ)を取得しましたが、一次旅券(1回入出国できる旅券)しか発給してくれませんでした。そこで入学手続きのときに居留証の取得をお願いしました。従来は、宿舎が大学の施設でしたので写真と400元の費用で、1週間で簡単に取得できましたが、今回は居住証明書と同じ宿舎の「宿舎登記書」と写真を登録する「云南省外国人签证数相片采集回执」が必要で、更に「出入境管理局境外人员办证大厅」に出頭して、3週間かかります。どうも面倒です。



昆明市の大学は殆ど中心部から郊外の学園都市「呈贡」に移転し、従来のキャンパスは大学院と留学生だけになっています。バスで2時間ぐらいかかり不便極まりない状況でしたが、市の中心部と「呈贡」を結ぶ地下鉄がやっと一部開通しましたので、少し便利になりました。私も早速、師範大学の日本語学科の学生を紹介してもらい、行き来して相互学習をすることとしました。地下鉄は7路線の計画がありますが、全線開通は5年先です。空港路線も未だ3分の1の開通状況です。市内の移動はやはりバス頼りです。

また、昆明の様子を報告します。

再見!


2015年3月22日

長尾圭介



[PR]
by zuixihuan | 2015-04-05 09:50 | 雲南だより | Comments(0)