東京都東久留米市の「グループ・中国だい好き」です。中国がだい好きな方々とのネットワーキングを大切にします。


by zuixihuan

西安交通大学留学生便り2

西安交通大学留学生便り2


 5月に入り、西安の朝は涼しく快適ですが、晴れた日の昼間は30度を超える真夏日となり、雨の日は途端に寒くなり上着を必要とするほどです。大陸性気候の変化に翻弄されています。今回は留学生の生活を紹介します。

<学生宿舎>
b0098096_6293182.jpg
留学生宿舎正面
 宿舎は20年前に建てられたビジネスホテルを連想させるバス、トイレ、テレビ付の部屋で、趣と不便さが両立しています。

b0098096_6295032.jpg
我的房間
b0098096_6305183.jpg
我的バス・洗面所

写真に見るとおり、広さはこれで十分ですが、設備の維持管理が不十分で、しばしば修理を要する事態が生まれます。宿舎の管理は常時行き届いていて防犯上の心配は不要です。 修理、清掃、管理の担当者が配置されていて、夜中も常時泊まり込みで管理されています。共同使用の冷蔵庫、洗濯機、台所も完備、家族揃って宿舎生活をしている留学生もいます。

<留学生概要>
 アフリカのど真ん中スーダンや中央アジアのウズベキスタン、ヨーロッパ各国、アメリカ、カナダ等世界各国から集まっていますが、一番多いのは、以前は日本、現在は韓国のようです。

<学生食堂>
b0098096_6315558.jpg

 1日3食学生食堂を利用していますが、1週間に1回程度は外食しています。
b0098096_6324968.jpg

写真は利用頻度の高い一般的なメニューです。辛みも味付けの一部と考えられているらしく、唐辛子、山椒、胡椒がタップリ使われています。僅かですが辛くない料理もありますので心配無用です。

<学生との交流>
  1回目で、西安工業大学の学生を紹介しましたが、今回の写真は峡西師範大学日本語学科の学生との交流会の模様です。西北大学、長安大学、外国語大学の学生 も数名合流しました。日本人と直接会話できるのがとても楽しみのようです。日頃は、授業での先生の説明と、アニメを見て覚えた日本語ですから、それを試す 好機なのでしょうか。
b0098096_6341588.jpg

b0098096_6344297.jpg


勿論西安交通大学の学生との交流会もあり、毎週1回開かれています。既に紹介した留学生による文化祭の他、コスプレ大会も行われ、日 本の留学生も参加していました。
b0098096_6351951.jpg

b0098096_6354519.jpg

b0098096_6361130.jpg


<授業内容>
 授業開始前の2月25日突然クラス分けのテストが行われ、初心者の1班から上級者の4班ま で、全部で4班に分けられましたが、日本人は漢字を見ると大体の意味が推察できるので、何とか格好がついたようです。しかし、これが間違いのもとでした。 未だに授業について行くのに四苦八苦しています。最近は開き直って、マイペースで授業を受けています。先生も年歳を考慮した対応をしてくれています。最近 解ったのですが、第2班は留学1年経過者のレベルのようです。2班の学生数は20名程度、常時出席者は15名程度ですが、みんなの聴く力はとても高いレベ ルです。
5月26,27日は校外授業で名所旧跡を参観、西安の南方「安康」へ行く予定です。結果は追ってお知らせしたいと思います。
では、再見。       
             留学生宿舎にて、中田


(追伸)
朝食 包子、牛乳又は味付け豆腐計2.5元、昼食 麺類3~4元、夕食定食4元前後合計で10元で満腹になります。
外食の時は通常20元程度ですが、立派な中華料理が食べられます。店の環境等を考慮し立派な店に入っても50元も出せば十分満足できます。
通常食後果物(バナナ、リンゴ、マンゴー、サクランボ、イチゴ、西瓜等)も用意し1日換算で2元程度。
飲み物 白酒(焼酎アルコール度53度)500ml 1本7元,~  ビール500ml 1本2から3元, ジュース類2元です。
私はたまにジュースを買う程度です。
バスは1回0.5元ですから、どこでも心おきなく出かけられます。

[PR]
by zuixihuan | 2011-05-22 06:37 | 西安交通大学留学生便り | Comments(0)