東京都東久留米市の「グループ・中国だい好き」です。中国がだい好きな方々とのネットワーキングを大切にします。


by zuixihuan

西安交通大学留学生便り4

西安交通大学留学生便り4

留学生活もいよいよあと、2週間弱となりました。複数留学経験者の話では、交大は授業に必要な設備はイマイチながら、先生は優秀で、集まってくる生徒の質も高いとのことです。1週間の授業内容は以下の通り。
月8:05~9:00、 9:05~9:55聴力   10:05~11:00、11:05~11:55読/書 
火8:05~9:00、 9:05~9:55読/書  10:05~11:00、11:05~11:55口語
水8:05~9:00、 9:05~9:55聴力   10:05~11:00、11:05~11:55口語
木8:05~9:00、 9:05~9:55読/書  10:05~11:00、11:05~11:55口語
金8:05~9:00、 9:05~9:55聴力 10:05~11:00、11:05~11:55読/書

第二班 教科書(課文)
聴力「漢語聴力教程」初級A種本 下 熊 文、王 新文 編著 北京語言大学出版社
読/書「現代漢語教程 読/書課文」第二冊 李 徳津、李 更新 主偏 〃  
口語「初級漢語口語」戴 桂芙、李 海燕 編著              〃

先生(老師)
聴力 ヤン 陽先生(女性30才代)
読/書 スン イーシン先生(女性30才前後)<当初 馬老師(男30代前半)>
口語 駱 リー華先生(女性50才代)
午後特別授業 書道、散打(格闘技)、料理1~3週間(週2回2時間程度)

第二班生徒数25名前後 常時出席15名 最小5名 最大22名前後(多過ぎの感)
以下の2つは交大ならではの催しだと思います。
b0098096_97692.jpg
<写真1 授業の間の休み時間>

・日本語学科の生徒200名程度のうち、1,2年生を中心に20名前後と毎週火曜日17:00~21:00頃まで何でもありの雑談会を行っています。
b0098096_973533.jpg
<写真2 交流会スナップ>
・留学生による文化祭年1回(既報告)。

<相互学習>
個別に日本語学科生徒とお互いに勉強するもので、日本人留学生は授業で解らなかったところを教えて貰う等積極的に活用しています。日本語学科の生徒以外からも希望者があり、日本人というだけで、モテモテです。
勉強時間、内容はお互いの話し合いで適当に決めていますが、一般的には週2回、2時間程度、場所:学生食堂(又は校内喫茶店)です。

b0098096_98721.jpg
<写真3 相互学習の場所:易珈琲>

残念ながら「中国だい好き」のブログはネット接続が悪く今は全く見ることができません。会報72,73号と餃子パーティー、六義園見物の写真を見て貰ったのですが、文章が難しいらしく、内容の反応は聞けませんでした。しかし、「中国だい好き」の活動内容は好感を持ってくれ、写真を見ながら「中国映画狙った恋の落とし方」は中国でも人気があり、雄大な景色と真っ青な空は北海道に憧れるきっかけになったとか、石窟寺院の調査・研究報告や太平洋戦争の最中中国へ渡った農業開拓団の調査研究報告等の活動の質の高さにも驚いていました。餃子パーティーでは、餃子のできはどうだったのか、どの人が中国人なのか等沢山の質問を受けました。傍にいた日本人留学生も活動の質の高さと幅広さに驚いていました。「中国だい好き」の活動を改めて誇らしく思いました。
b0098096_983495.jpg
<写真3,4 交流会スナップ>

 さて、私の方は自分のレベルは解ってきたし、2週間でジタバタしても仕方がないので、西安の観光見物に徹することにしました。幸い娘が遊びに来ることになったので、今雲南に留学中の長尾さん推薦の「乾陵」唐3代皇帝で、唯一の女帝「則天武后」の墓、「昭陵」唐王朝2代皇帝太宗李世民と皇后の山を利用して作られた墓
b0098096_991746.jpg
<写真5 乾陵>、

飛行場の近くにある「漢陽陵博物館」
b0098096_910249.jpg
<写真6 漢陽陵博物館陳列品>
を、乗用車を1日借り切って回ってきました。前漢第8代皇帝景帝の陵から出土された品が沢山展示されていました。当時の人々の暮らしが解るような貴重なもので、「兵馬俑」

b0098096_9103027.jpg
<写真7 兵馬俑陳列品>
とは違った魅力のある博物館でした。玄宗と楊貴妃のロマンスで有名な「華清池」は、京都や奈良を連想させる作りですが、残念ながら殆どが再建されたとのことです。
b0098096_9105923.jpg
<写真8 京都を連想する華清池風景>

この観光見物には内田先生から紹介された万さん(西北大学今年卒業予定)が案内してくれ、日本語による詳細な解説付きという贅沢なものです。「兵馬俑」と「華清池」は万さんの同級生が観光案内人より詳しく丁寧な解説で案内してくれました。あとで聴いたら兵馬俑近くの出身で兵馬俑の案内人の経験もあるとか。

西安といえば、なんと言っても城壁の見事なことです。城壁の上は6メートルの幅があり、自転車とゴルフ場を回る車と似たものがあり、私たちも車で1周してきました。50分ほどかかりますが爽やかな風を受けながら遙か下界を眺られるもので、且つ門を入った直ぐの広場では、昔の時代の衣装をまとった兵隊の演舞が太鼓演奏をバックに繰り広げられるという趣向になっています。
b0098096_9112624.jpg
<写真9 城壁上から見た街並>

6月27,28,29日試験、30日成績発表、7月1日結業証交付。
日本に戻る前に内田先生が紹介してくれた「延安」にも行ってみたいと思っています。
これが最後の便りになると思います。
では、今度は日本で・・・・再見。

[PR]
by zuixihuan | 2011-06-21 09:03 | 西安交通大学留学生便り | Comments(0)