東京都東久留米市の「グループ・中国だい好き」です。中国がだい好きな方々とのネットワーキングを大切にします。


by zuixihuan

「中国・四川大地震、義損金」報告 

「中国・四川大地震、義損金」報告                         

49名の会員からの義捐金総額は10万円 

「中国だい好き」の皆さんのご協力で、48名の会員から87,000円の義捐金が寄せられました。会員の宮秋道男氏(「中国だい好き」の創立者の一人。現NPO「アジアンロード」理事長)の紹介で、6月2日に中国四川に出発した「アジアンロード」会員の鈴木さん夫妻に、義捐金を託すことができました。
6日、鈴木さん夫妻は重慶の内田知行会長宅を訪ね、義捐金を直接届けてくださいました。内田会長が自分の分を加えられ、義捐金総額はちょうど10万円(49名)となりました。

義捐金は被災地の子供たちの手に

 内田会長より、「当初は市政府華僑弁公室を通じて、中国赤十字にというルートで考えておりましたが、これはやめます。(茜と相談した結果)赤十字社への献金だと“顔の見えない”献金になり、草の根レベルの交流になりにくい」と判断し、「華僑弁公室を通じて」「重慶市民病院に入院している被災地の子供たちに」「日本の東久留米の「中国だい好き」のおじさん、おばさんからだ」と言って渡し、「できたらお手紙をくれるよう依頼します」とのメッセージがありました。
また、「1人300元で20人余り(約10万円)を考えています」「少額のお金でも、実際に必要な人々に着実に届くような努力をしたいと思っています」
なお、重慶市民病院にはまだ大勢の子供たちが入院しているそうです。「適切な時期を見計らって義捐金を手渡すので皆さんによろしくお伝えください」とのことでした。
  
以上、ご報告といたします。
皆さまのご協力に、心よりお礼申し上げます。

   2008年7月17日
                  「中国だい好き」
                  会長代理  富岡 幸雄
                   会計担当  森本 実子

[PR]
by zuixihuan | 2008-07-23 03:41 | お知らせ | Comments(0)