東京都東久留米市の「グループ・中国だい好き」です。中国がだい好きな方々とのネットワーキングを大切にします。


by zuixihuan

カテゴリ:お知らせ( 47 )


新年おめでとうございます     
              
「中国だい好き」会長
内田 知行(在中国・重慶)

早いもので、私の重慶生活もすでに9か月が過ぎてしまいました。
旧年中は、中国でもいろいろな出来事がありました。5月中旬に、四川省北部で大地震が勃発し、9万人前後の人々が亡くなりました。縁起の良い8月8日午後8時には、北京オリンピックが開催されました。51個の金メダルを取った中国は、アメリカに替って金メダル大国になりました。
重慶では、地震もオリンピックも直接体験することはありませんでしたが、この社会を揺るがした悲劇と壮挙を実感することはできました。
「志願者」(ボランティア)と「加油、中国」(中国がんばれ)がこれら二つの大事件の合言葉になりました。

9月下旬には、東久留米の「中国だい好き」の会員の皆さんを重慶にお迎えすることができました。
9月27日の午後、私たちは市政府の華僑事務室の手配した車で重慶医科大学付属児童医院を訪れ、被災児童をお見舞いしました。そして、郭冬梅さん(17歳)と曽強君(13歳)にそれぞれ1,500元ずつの義捐金を差しあげ、「顔の見える支援」を実現することができました。残金については、私が帰国する3月末までに、重慶日本領事館の関係者と協議して、当初の利用目的にそった被災者支援に使用する予定でおります。この件については、帰国後、改めてご報告いたします。

10月1日、「中国だい好き」の皆さんは、重慶空港から上海経由で帰国しました。
短い間でしたが、「重慶・桜クラブ」の中国人の方々と楽しい交流会のひと時を持てたこと、その後、各ホストファミリーのお宅に一晩ホームステイでお世話になったこと等を通して、念願だった皆さんと当地の中国の友人たちとの交流も実現できました。

東久留米でも、皆さんのご協力により、「中国の魅力にふれる」連続講座(全3回)が無事終わり、「生活便利帳」中国語版の作成も最終段階に入っています。
昨年は、交流の面でも、「学び」の面でも、大きな収穫がありました。
新しい年を迎えて、皆さんと力をあわせて、よりいっそうの収穫と喜びがもたらされるように努力したい、と思います。

加油、東久留米!

[PR]
by zuixihuan | 2009-01-02 10:43 | お知らせ | Comments(0)

四川大地震の被災児童に義損金を届ける
                  「中国だい好き」会長
                      内田 知行(在中国・重慶)

b0098096_20545687.jpg9月27日の午後、私たち「中国だい好き」のグループは、重慶市渝中区にある重慶医科大学附属児童医院を訪れ、今年5月の四川省大地震で負傷した児童たちをお見舞いしました。市政府の華僑事務室の手配した車で行きました。

いまだに傷が十分に癒えておらず左脚をなくした17歳の女子高生・郭冬梅さんと、右目を失明した男子中学生・曽強君がベッドに身を横たえていました。郭さんはチァン族という少数民族の生まれで北川県で、漢族の曽君は什方県で被害に遭いました。
      
二人とも豊かな暮らしをしていたとは思えない子供たちで、やせて身長も年齢よりもはるかに幼く見えました。親御さんたちが付き添いをしていましたが、不運に見舞われたわが子の行く末を思いながら、悲嘆に暮れている様子がうかがえました。子供たちは涙を見せませんでしたが、母親たちの涙には胸が潰れる思いがしました。

このお二人にはそれぞれ1500元の義捐金を差しあげました。金額は、とくに障害が重篤で今後も病床で入院加療が必要である、と判断して決めさせていただきました。ご本人もご両親もとても喜ばれたご様子でした。
 
6月6日に皆さんからお預かりした金額は87,000円です。これに内田・茜分として13,000円をくわえ、「中国だい好き」の義捐金総額は100,000円となりました。私はほかにアジアン・ロード関係で30,000円を預かりました。そこで、合計130,000円を6月の時点で両替し、人民元8,000元を保管しておりました。

当初は、中国赤十字に献金することを考えましたが、政府や機関に送金して私たちの善意が埋もれてしまうよりも、「顔の見える支援をしよう」と考えを変えました。児童病院を見舞って被災児童に義捐金を差しあげる方針をたてました。
 
7月時点ではまだ相当多数の児童や青年の被災者が重慶市内の病院にいることを確認し、8月にもまだ病院に残留していました。そこで、「中国だい好き」の皆さんと病院を見舞う計画をたてました。ところが、8月末までに地震被害による負傷児童はあいついで退院してしまいました。9月に入るとメラミン入り牛乳事件が中国全土を襲い、今回訪問した重慶の児童医院でも地震被災児の周囲のベッドは3歳未満の乳幼児ばかりでした。

そんなわけで、「顔の見える支援」は実現しましたが、地震被災者を対象とする義捐金はまだ5,000元分をお預かりしたままになっております。この点の不手際をお詫びしなければなりません。

私は来年(2009年)、3月まで当地におります。そこで、市政府華僑事務室あるいは重慶日本総領事館の関係者と協議して、当初の利用目的にそった被災者支援に残りの義捐金を使用する予定でおります(日本領事館は地震被災地区を含めた貧困地区の教育支援をしています)。義捐金の執行後、あらためてご報告をいたします。

なお本日午後、児童医院を訪れ東海林さんから頂いた写真を郭冬梅さんと曽強君に手渡しました。生気がなくて青白かった二人の顔はいくらか紅みをおびてだいぶ元気になっていました。曽強君はまだ右目の視力が戻っていないが、毎日視神経を刺激する鍼治療を受けているとのことでした。二人のお母さんたちも再会をとても喜んでくれました。2週間前にたくさんいた乳幼児はだいぶ少なくなっていました。                    (2008年10月11日)

[PR]
by zuixihuan | 2008-11-12 20:56 | お知らせ | Comments(0)
「中国・四川大地震、義損金」報告                         

49名の会員からの義捐金総額は10万円 

「中国だい好き」の皆さんのご協力で、48名の会員から87,000円の義捐金が寄せられました。会員の宮秋道男氏(「中国だい好き」の創立者の一人。現NPO「アジアンロード」理事長)の紹介で、6月2日に中国四川に出発した「アジアンロード」会員の鈴木さん夫妻に、義捐金を託すことができました。
6日、鈴木さん夫妻は重慶の内田知行会長宅を訪ね、義捐金を直接届けてくださいました。内田会長が自分の分を加えられ、義捐金総額はちょうど10万円(49名)となりました。

義捐金は被災地の子供たちの手に

 内田会長より、「当初は市政府華僑弁公室を通じて、中国赤十字にというルートで考えておりましたが、これはやめます。(茜と相談した結果)赤十字社への献金だと“顔の見えない”献金になり、草の根レベルの交流になりにくい」と判断し、「華僑弁公室を通じて」「重慶市民病院に入院している被災地の子供たちに」「日本の東久留米の「中国だい好き」のおじさん、おばさんからだ」と言って渡し、「できたらお手紙をくれるよう依頼します」とのメッセージがありました。
また、「1人300元で20人余り(約10万円)を考えています」「少額のお金でも、実際に必要な人々に着実に届くような努力をしたいと思っています」
なお、重慶市民病院にはまだ大勢の子供たちが入院しているそうです。「適切な時期を見計らって義捐金を手渡すので皆さんによろしくお伝えください」とのことでした。
  
以上、ご報告といたします。
皆さまのご協力に、心よりお礼申し上げます。

   2008年7月17日
                  「中国だい好き」
                  会長代理  富岡 幸雄
                   会計担当  森本 実子

[PR]
by zuixihuan | 2008-07-23 03:41 | お知らせ | Comments(0)
中国・四川大地震、義捐金、内田会長の手元に

8日(日)夜、宮秋さんから、「中国だい好き」の義捐金が、アジアンロードの鈴木さんご夫妻の手によって、6日(金)重慶の内田会長の手に渡ったと連絡をもらいました。

「特筆すべきことは、救援金を中国紅十字会に渡すのではなく、華僑弁公室と協力しながら、地震でけがをした何十人かの子供たちに、ひとり300元くらいずつ直接手渡し、「日本のおじさん・おばさんからのプレゼントだよ」「よかったらお手紙ちょうだいね」といってそれぞれの子供たちの写真を撮り、アジアンロード、中国だい好き会の名前も出すというものでした。」

内田会長と茜さんが、義捐金に込められたみんなの願いをどうやって中国人に届けるかを相談の上、市民レベルの草の根交流のコンセプトにかなうものとして、子供たちへ直接手渡すという方法を考えてくださったのだと思います。

今回の大地震の発生により、鈴木さんご夫妻には、当初の四川旅行の目的以外に、「中国だい好き」「アジアンロード」から託された義捐金を内田会長に届け、また災害からの人々の復興の様子を見聞するという任務を担っていただくことになりました。
義捐金を内田会長に届ける仕事を果たし、お二人はやっと肩の荷を降ろされたことでしょう。
本当にありがとうございました。中国だい好きの会員一同、心よりお礼申し上げます。
祝你们一路平安

2008年6月9日
中国だい好き
会長代理 富岡 幸雄
会計    森本 実子 

[PR]
by zuixihuan | 2008-06-09 13:15 | お知らせ | Comments(0)
中国四川大地震・義捐金=8万7000円

5月31日現在、「中国だい好き」の会員から寄せられた四川大地震に対する義捐金は、8万7000円にのぼりました。皆さんのご協力に心からお礼申しあげます。

義捐金は、「中国だい好き」会員の宮秋道男さんが理事長を務める「アジアンロード」の会員で、6月2日に成都へ向けて出発された鈴木さんご夫妻に託しました。内田会長は「アジアンロード」の理事も務めています。

鈴木さんご夫妻は、成都到着後、重慶の内田会長と連絡を取り、直接重慶を訪ねて義捐金を届けてくださることになっています。

内田会長からは国際電話で、「皆さんからの義捐金に自分の分を加えたうえで、しかるべきところに届ける、「中国だい好き」の会員の皆さんの義捐金に寄せられた思いをしっかり中国人に伝える、ありがとうございました」との感謝の言葉がありました。

内田会長の「重慶日記」は、すでに第5号までがブログ「東久留米 中国だい好き」に掲載されています。今回の義捐金の件についても、いずれ「重慶日記」の中に報告を兼ねて記述されることになると思います。

本日は、とりあえず皆さんから寄せられた義捐金の集計結果をご報告いたします。

ありがとうございました。

  6月3日
                             中国だい好き
                             会長代理 富岡 幸雄
                             会計    森本 実子


[PR]
by zuixihuan | 2008-06-03 21:08 | お知らせ | Comments(2)
中国・四川省大地震、義捐金について

                                  2008年5月16日

5月12日に四川省汶川県で発生した地震の被害にあわれた被災地の方々にお見舞い申しあげます。

「グループ中国だい好き」は被災者、被災地支援のため、下記の通り義捐金を集め、送りたいと思います。

どうぞよろしくご協力ください。

 記

1 金額     
会員1人、1,000円

2 募金期間   
5月17日(土)~31日(土)

3 使途     
現在重慶在住の内田知行会長(重慶師範大学客員研究員)に送り、しかるべきところに渡してもらう。

4 募金方法  
・中国語教室の各クラスの授業のさい(運営費の集金担当者へ) 
・郵便振込 記号=10010 番号=94760581 名義人=内田知行 
(年会費(1,000円)といっしょに振込む場合は、通信欄に「会費+義損金」とお書きください。)
・知り合いの会員などに預けていただいてもけっこうです。

5 問い合わせ 
富岡 幸雄(電話)462-4010 ytomioka @mtc.biglobe.ne.jp
森本 実子(電話)475-0135 ciao.jitsuko@jcom.home.ne.jp

                                  以上

[PR]
by zuixihuan | 2008-05-18 07:28 | お知らせ | Comments(0)
中国大陸ではexcite Blogの閲覧・書き込みなどは規制がかかっているようです。下記の方法で、開いて読むことができたと、ブロ友が情報公開していました。
私は試したことがないのですが、実際どうなのでしょう。
この文章を読むことができる人は問題ないのですが、ぜひ試してもらってください。

---
開く方法です。
(1)まずは、エキサイト翻訳をIEで開きます。http://www.excite.co.jp/world/english/web/
これは英文翻訳です。
ちなみに翻訳前は英文、翻訳後は日本語になるように設定します。
英文→日文です。
この中でウエブページ翻訳にします。
(2)翻訳するウェブページのURLを入力するウインドウがありますので、読みたいと思うエキサイトブログのアドレスを入力します。
(3)URL入力ウインドウの右にある”ウエブページ翻訳”をクリックします。
すると、翻訳中になって、やがてブログが開かれます。

[PR]
by zuixihuan | 2008-04-14 22:55 | お知らせ | Comments(0)
このexciteブログですが、3月から中国からは見ることができないとの情報が入っています。
またコメント欄にも書き込むことが出来ないらしいのです。
「チベット騒乱」が起きてから規制がひどくなっているようです。

したがって、現在、内田会長はこのBlogを見ることができないかも知れません。


一応、情報まで。

(管理人)

[PR]
by zuixihuan | 2008-04-01 22:19 | お知らせ | Comments(3)

交流会―真开心!


総会終了後の交流会:2008年3月22日 男女平等センター)

「交流会」―真开心!―


ごあいさつ
2008年度は4月から09年3月まで在外研究のために中国で生活します。重慶を活動拠点にして、中国各地で資料集めや研究交流をしたい、と思います。
内田 知行

研修先:重慶師範大学「重慶抗戦文史研究基地」(客員研究員)
     中国 400047 重慶市沙坪坝区天陳路12号
                 cqkangzhan@gmail.com 
連絡先:中国 401147 重慶市湔北区紅黄魯99号 
     (住居) 皇冠東和花薗B-5-6-2
            電話:  +86-23-67532567 (日本からかける場合)
                  023-67532567   (中国国内からかける場合)



内田会長は3月31日に成田を出発、来年の3月26日に帰国の予定です。

中国・重慶は日本から遠く離れているのですが、会長には渡航後、中国だい好きの会員が「中国短期留学」を実現できるよう、留学予定校と協議する、ブログや会報に「現地レポート」を寄稿してもらう、中国旅行を計画している会員の相談相手(一人なら宿泊も可)になってもらうなど、さまざまな形で指導と協力をお願いしています。
また、「中国では大いに私たちの会のブログ(東久留米 中国だい好き)を宣伝します」との話に、出席者からどっと歓声があがりました。

◇金野先生の挨拶
 内田老师马上要去重庆了,您放心吧, 我们会友好相处努力学习的。希望您在重庆生活愉快, 我们等着您早点儿回来。
b0098096_20435999.jpg
内田先生はもうすぐ重慶に出発されます。先生、私たちはおたがいに仲良くし、一生懸命勉強するのでどうかご安心ください。私たちは、先生が重慶の生活を楽しく過ごされることをお祈りするとともに、一日も早いお帰りをお待ちしています。

◇王先生の挨拶
 みなさんは私のことを“先生”と呼んでくださいますが、自分ではそうは思っておりません。みなさんは私の“おじいさん”“おばあさん”で、教室ではみなさんから教わることのほうが多いです。
 内田先生、中国で1年間研究をして、元気でお帰りになることを祈っております。
*中国では、「おじいさん」「おばあさん」という言葉は、「お父さん・お母さん」という言葉よりもっと尊敬の念がこめられている、「最高の敬意」を表現した言葉だそうです。

◇5人の新会員が中国語教室へはいったきっかけは……
・昨年8月に参加したオープン授業の雰囲気がよかった。授業のプリントもよかったのでその教科書も買った。(「人生前向き」が身上のSさん、清瀬市)。
・2年余の中国留学(上海大学)から戻って再入会した。(「中国語の文法的構造」を重視するTさん)
・上海大学留学中に席を並べたTさんから「中国だい好き」の話を聞き、帰国後「くるくる」で問い合わせてはいった。(「柔和な野生男児」のKさん)
・ASAコミュニティの「中国語教室」の記事(2008年1月号)を見て問い合わせた。どの学校も四月からと断られていたが「中国だい好き」は即OK。おまけに内田先生の個人レッスンを受けることができ、いまでは入門班にも出席している。9月からは西安交通大学に留学する予定。(「天平の甍」が原点のNさん)
・「中国だい好き」の最古参メンバーの1人。HIF(東久留米国際友好クラブ)の創設者。長く一般会員だったが、やっと時間の余裕ができたので中国語の勉強を決意した。(「白ひげのおじさん」のOさん)

◇なつかしかった一般会員
以下の方々が参加してくれました、謝謝!
・「中国語教室」の卒業生でいまは太極拳の師範として教室の運営にあたっているFさん。
・中国旅行(06年=山東省の旅)でご一緒したKaさん。
・やはり「中国語教室」の卒業生で新春餃子パーティーや映画会にも参加してくれたKtさん。
・介護の合間をぬって静岡から駆けつけてくれたYさん(会報で連載記事「中国で日本語を教えて」を執筆中)。

◇寄せられた感想の中から
・今回は盛況でした
・一歩前進!
・男性の参加者が多くなったせいか、以前と雰囲気がちがって活気がある。
・いろいろな人が分担して活動をやってくれていると思う、バトンをうまく受け継いでやってくれているのに感謝!
・会の一体感を感じる集まりでした。
・初めて会った人と挨拶をしたら、自分の名前を知っていて、いつか会いたいと思っていたといわれびっくりした。思いがけない出会いがあった。
・3分の2くらいはBLOGを見たことがあるということで、今年はBLOGの運営をもっと充実させていこうと思っています。
・全員集合の記念写真をとる用意をしてもらっていたのに、……ごめんなさい。不覚でした。
・会計さん、ご苦労さまでした。辛苦了! これからもよろしくね。

[PR]
by zuixihuan | 2008-03-30 16:32 | お知らせ | Comments(0)

2007年度の活動日誌

2008年総会議案(総会で確認されました)

2007年度の活動日誌(2007.4~2008.3)

2007年  
4月~     「くるくる」(東久留米の情報サイト)に団体登録(担当=東海林氏)
         アドレス=http://kuru2.genki365.net/
4月21日   会報58号発行
5月12日   総会・懇親会  男女平等センター
5月~     ブログ(「東久留米 中国だい好き」)立ち上げ
         (管理者=西垣内氏)
         アドレス=http://zuixihuan.exblog.jp/
6月14日   内部映画上映会 「美丽的大脚」  男女平等センター
7月12日   内部映画上映会 「キープ クール」(有话好好说) 
         男女平等センター
7月21日   会報59号発行
8月      中国語「中級班・オープン授業と交流会」(6日、13日、20日)
         ゲスト講師=黄茜さん、陽一君、内田知行先生
        無料映画会中止
         (会場(市民プラザ、さいわい福祉センター)とれず)
9月10~17日 中国新疆ウイグル自治区の旅 11人 
9月29日   会報60号発行                
10月7日    自主連続講演会 第1回  男女平等センター
         「現代中国の地方自治」―居民委員会と「社区建設」とは何か― 
         講師=鹿錫俊 大東文化大学教授
11月11日  第2回「ふれあいフリーマーケット」(社会福祉協議会主催)
         会場=東久留米自動車教習所 内田会長以下13名が参加
         売り上げの18,700円は一般会計に計上 
11月18日  自主連続講演会 第2回  男女平等センター
          「近代中国とフランスの文化交流史」 
         講師=内田知行 大東文化大学教授
11月24日  任韶華先生(初級班)退任 初級班送別会=28日
12月1日   ASA コミュニティ 広告(第3回講演会)
12月9日    自主連続講演会 第3回 男女平等センター
          「戦後日中講和と今日の日中関係」
         講師=殷燕軍 関東学院大学教授
12月22日  合同忘年会 華屋与兵衛 参加者=18人

2008年
1月5日    会報61号発行
          ASA コミュニティ  広告(中国語教室)
         王保東先生(日本名=名畑東裕)、初級班に着任
1月27日    新春の集い(新春餃子パーティー) 
         西部地域センター 35人参加
2月3日     内部映画上映会  男女平等センター (下雪)
          「小さな中国のお針子」「暖(ヌアン)」 
2月16日    中国語教室運営費改定についての話し合い 
         中央地区センター
3月1日     「中国留学」交流会 ケンタッキィーフライドチキン 15人 
3月11日    市在住外国人のための生活ハンドブック作成の打ちあわせ
3月22日    総会・交流会

[PR]
by zuixihuan | 2008-03-28 20:40 | お知らせ | Comments(0)